Durga’s diary

Prem Durga:Osho Sannyasin 瞑想のあしあと

本を読まない読書会

というのをやります。

今回が2回目。この会についての思いは前回の案内で書きました。

f:id:durdur321:20190420210656j:plain

durdur.sakura.ne.jp

ほんとに、十代のときから本ばかり買っていた(子どものときは親に買わせていた)けれど、実際に「読み込んだ本」って数少ないですね。

手垢だらけで、カバーもやぶれて、ボロボロになった本でも、今は手元になかったり、数十年ぶりに読み返すと意外と内容を覚えていなかったりします。

でも、どこか自分の血肉になっているのでしょう。

この会のテキストである『The book of secrets(タントラ秘法の書)』は、経典『ヴィギャン・ヴァイラブ・タントラ』でインドのシヴァ神が恋人のデヴィに伝えた112の瞑想技法と、それについてのOshoの解説で構成されています。

つまり、瞑想の本。

さあ、ここがくせものです。

この本を読むことは、果たして瞑想の代わりになるでしょうか?

世にあまたある精神世界の本。たとえば、クンダリーニ覚醒のメカニズムや体験について、本から情報を得ることは有益だし興味深くもある。
でも、そんな「知識」があることと、実際に自分が経験したかどうかは別なのです。

『The book of secrets』の原書はぶあつく、日本語訳で10巻にのぼるので、それを読破したとして……そりゃすごいんだけど、『カラマーゾフの兄弟』とか長編小説を読破するのとは、またちょっとちがうような気がします。

この112の瞑想技法、スートラ自体はとても短いです。一瞥しただけでは簡単ですぐにできるだろうと思いがちです。
でも、それを実際やってみると、決してそうではないことにすぐ気がつくことでしょう。

『The book of secrets』は、とてもすばらしい本です。でも、「読んで満足」して終わってしまったら、とてももったいない。
実践なくして、先人が用意してくれた112の扉から、その中にまで入っていくことはできないのです。

しかしながら、わたしは何を教えることもできません。特別なテクニックや秘儀伝授は期待しないでください。といって、ただ座っているだけでもありませんが。
そして、一日で何かがわかる、ということも期待しないでください。

「ひたすら地味ーな瞑想会」。ある意味、つまんねー瞑想会です(笑)。

それでもこの経験は、どんな瞑想をするにあたっても、必要かつ大切なことの基礎になるという確信があります。

リンク先にも案内があります。こちらもどうぞお読みいただき、おもしろそうだと思ってくれたならうれしいです。

durdur.sakura.ne.jp

五感と第六感で読む
「ヴィギャン・ヴァイラブ・タントラ(タントラ秘法の書)」Part.1-2

5/26(日)18:30~21:30(予定)
会場:東銀座近郊
参加費:3,000円(再受講:1,500円)

内容
・本についてのガイダンス
・スートラ1,2,5の実践(呼吸の技法)
・Osho講話(音声)「Vigyan Bhairav Tantra
etc…

テキスト

内なる宇宙の発見―ヴィギャン・バイラヴ・タントラ (タントラ秘法の書)

※事前にお読みいただく必要はありません。むしろ読まないで(笑)

お問い合わせは info☆pmdur.gmail.com まで。
FBにもイベントページがあります↓

www.facebook.com

ちなみに、むかし『カラマーゾフの兄弟』は読破しましたが、『The book of secrets』はまだ読破してないです(笑)

「第2回 占いバイキング in まんだらけ海馬」終了!

緊張で迎えた晴れ舞台。無事、終わりました!

まんだらけ」に行くのは20年ぶりくらい……当時は「海馬」ではなくて「大予言」だったけど。
目移りするような魅力的な書棚に囲まれた空間のなか、ブースがばっちりセッティングされており、出演者からも「おおーっ!」というどよめきが。

背の高いパーテーションで、がっちり仕切られた個室仕様でした。なんと豪華…。

わたしはいわば当日対応枠でしたが、多くの方が有料鑑定を申し込まれ、一時はちょっとした「売れっ子」状態に(笑)

↑海馬スタッフさんを鑑定♡

せっかくのお客様、ランチタイムだからとお断りするわけにはいきません!
(しかし、実はまんだらけさんには社食があり、とーーーってもおいしい手作りの食事をいただいたのです)

f:id:durdur321:20190417011350j:plain

https://www.mandarake.co.jp/company/sahra-shokudo/

お悩みは、恋愛、仕事……と定番どころではありながら、土地や場所(中央線沿線?)のせいもあってか、いつもよりバリエーションに幅があり、人生の道のりもさまざまだなあ、ということを感じました。

当然ながら、ひとりひとりがみな、ユニークな存在。

世界でひとつだけの花…?
わかっちゃいるけど咲かせられない。

そんなところが、あらゆる悩みの根底にあるような気がします。

OSHO禅タロットは、いまのどんな自分を認め、受け入れてよいのかを見せてくれる。
それは社会的な成功や誰かからの期待に沿うものとは違うかもしれません。
でも、その「正しい道」や「幸せ」が、「自分の輝き」を押し殺すことでやっと成立するものだとしたらどうでしょう。

鑑定中の涙、晴れやかな笑顔、はっとしたお顔、安心したお顔……美しかったです。短い鑑定時間でしたが、少しでもみなさんの心に灯りをともせたならいいな、と思っています。

そして、無名の新人占い師を快く迎えてくれた諸先生方、最高のサポートで支えてくれたまんだらけ海馬スタッフのみなさまにも、深く感謝申し上げます。

 f:id:durdur321:20190417010537j:plain

さて、もういつのまにか今日ですが、魔女☆Maison西友常盤平店に出演します。
今日は都合により18時にクローズさせていただきますので、お早めにお越しくださいね。次回4/24(水)もお待ちしています!

peraichi.com

 

 

「占いバイキング」いよいよ明日です!&セッションの感想♡

いよいよ、あしたに迫ってきました。

「第2回 占いバイキング in まんだらけ海馬」

若干胃痛を感じるような感じないような……。

ということで、やってみました。禅タロット。

「そつなく、うまくやろうとせず、あんたらしくいきなはれー! 頭ではなくハラからいけ!」っていうところですかね。

f:id:durdur321:20190413212734j:plain

Zen Tarot de ケルト十字すき。

そして、鑑定の際には現実的なアドバイスもまた忘れずに。自分のことでは「はい瞑想します」で済むのですが(笑)

さて、広島「タントラ・フェスティバル」でのタロット・セッション。
テルミンからの感想です。

普段占いやタロットを受けようと思う氣が起こらないわたしですが。 三日目の朝すっと、あ、ドゥルガにセッションを受けたいってやってきて。 あの導きはふしぎでした。 タントラのセッションをいっしょにパートナーやったとゆうところは大きいですが。

セッション中は、安心していて。 パパパパとことが進んでいくような感覚で。

セッションのあとから、じわじわとセッションの内容が宝物になっていくようなそんな感じがありました。 うん?それはよくわからないな、っと思っていたとこが、外側のドラマとして現れたり。

今、氣がつけば、タントラの三日間で受けとったこと、自分の今、課題の根底にあるところをずばっと教えてもらったなぁとゆう氣がしています。

この流れに必然にありがとうございます!


テルミンとは、フェス中のワークで、ペアになったんですね。そのワークもまた、お互いを信頼がなければできない深いものだったのですが。
その夜、テルミンがわたしのことを「子どもみたいな人ですね」と話したのが印象的でした(笑)。

“わかりにくいこと”って、ほんとうにわからない。自分の目や感覚すらも、なにかのフィルターでおおわれていることがある。
起きたことに巻き込まれず、それが「ドラマ」であることに気づいたテルミンに拍手!

こちらこそ、シェアをありがとう♡

ということで、今夜はおふろ入ってナダブラーマ瞑想してはやめに寝ます。

「占いバイキング」はあした12時~20時、中野まんだらけ海馬にてお待ちしています!

f:id:durdur321:20190316145520j:plain

www.mandarake.co.jp

 

 

「タントラ・フェスティバル」行ってきました!

4/5~7の3日間、広島・竹原で開催された「タントラ・フェスティバル」に行ってきました。

shivashakti.jp

超・超……一億パーセント楽しかった!

ダンスも歌もギターも、ハグも瞑想も、そしてごはんも思いっきり満喫して…。
瞬間瞬間を「トータルに生きる」ことを実感した3日間でした。

タントラの合宿というと、なんだか怪しげな会合かと思われそうですが(笑)、損得勘定なしに「生」を楽しむってことは、別にセックスのことじゃなし。

踊るときには、ナタラジ瞑想さながらに、踊りそのものになって、
ギターを弾くときは、思うがままにかき鳴らし、
食べるときには、その食べ物をただ味わい、
ハグするときには、相手と自分をただ感じ、
静けさがやってきたときには、無理にだれとも会話せず、ただ静けさとともにいる。

なんてシンプル。

そして、いくら瞑想してても、日常生活では常にスマホいじったり、仕事の最中には手だけ動かして妄想したり(笑)……ぜんぜんトータルに生きてなかったな~、ということを痛感しました。

さらに、フェスティバル中には、何人かの方にタロット・セッションをする機会に恵まれました。
これがまた、わたしにとってはとても大きな体験で…
ほんとうに、禅タロットが、みんなの気づきと変容の一助となったことを確信したセッションでした。

それは、カードがすごいということだけではなく、ハートを開いて受け取る準備ができていれば、起こることは自然に起こるんだ、ということ。

わたしの言葉より先に、カードのメッセージをみんなが受け取っている。
わたしのリーディングより深く、メッセージを内側に落とし込んでいる。

30分、とても濃密で美しい、2人きりの時間でした。

感想をいただいています。少しずつご紹介していきますね。

♡from あやねえ♡

禅タロット初めてしてもらいました。
なぜわかるの⁉️
あんなに当たるのか⁉️
自分の気持ちそのもので、確認とそして、背中を押されて、とても納得しました。

数日後に、当たるという別の占いを予約していましたが、答えが出たので、キャンセルしました。

今は、迷いなく進めています❣️
ありがとうございました^^

帰ってからすぐ、禅タロット買っちゃいました(笑)

 

♡from サハジョ♡

今の自分の現状がカードに現れていてビックリしました。
だから……
どうしたらいいの〜って
なってたのです……が
魔女ドゥルガに
的確な読み取りアドバイスをもらった事で
頭の中でぐるぐるして苦しかったことが整理されて
次どのように進んでいけば良いのかが見えてきて
軽くなりました。
本当にありがとうございました。

 

あやねえ、サハジョ、素敵な感想をありがとう♡

 

4/14(日)は「第2回占いバイキング in まんだらけ海馬」
東京都民なのに都内で初鑑定(笑)、しかもこんな大舞台!
ふるえながら楽しみたいと思いますので、どうぞ遊びに来てくださいね!

f:id:durdur321:20190410171639j:plain

 

www.mandarake.co.jp

千葉方面の方は、4/17(水)、24(水)、魔女☆Maison西友常盤平店にどうぞ!

peraichi.com

占いの対価

ちょっと日にちがあいてしまったけれど、わたしの所属する占い館、魔女☆Maison光が丘店店長の麻賀一生先生のブログより。

ameblo.jp

これを読んで、最近思い始めていたことを、そろそろ伝えないとな、と思いました。

もう、無料鑑定はしません。

“占い師デビュー”してからも、なんだかんだと個人的な関係においては、頼まれたり頼まれなかったりしながら無料鑑定を続けてきました。

でも、最近は、それではうまくいかないのですよ。

占いを始めたころって、受ける側もこちら側も、どこかエンタメ的なものとして占いを扱っていた気がします。
居酒屋でみんなを鑑定して盛り上がるとかね。

そのときはそれでよかったんだけど、今は、わたしのなかで占いの立ち位置がすっかり変わってしまいました。

占い後は、いつも「もっといいアドバイスができたのではないか」などと、鑑定を振り返ります。
自分の発するひとことひとことに重みがあることを感じます。
とても軽い気持ちではできないのです。

それはすなわち「よーねーちゃん、ちょっと占ってくれや」という要望にはもう応えられないということでもあります。

こんなツイートがありました。

「本当に人を助けたいなら、無料でやるべきだと思う」と言うけれど、逆に、生活困窮などの特別な理由がない限り、「本当に助けてもらいたい」なら、対価を払うことをいとわないのではないでしょうか。ボランティアというのは奉仕活動であり、「タダ働き」とは違います。

わたしは今までに、文章やデザイン、音楽についても頼まれごとを受けてきましたが、なぜか「タダ働き」をしてくれると思われることが多くて困りました。

大工の友人がいたとして、「ちょっとタダで家建ててくれる?」とは言わないですよね。
占いも、ひとつの職業として成り立つ立派な技術です。そしてまた、互いの信頼関係が大切になってくるものでもあります。

いちいち報告していませんが、わたしの鑑定を受けに、占い館まで足を運んでくれた友人・知人たちがいます。びっくりするほど遠くから訪ねてくれた方もいます。もちろん、みんな、料金を支払って鑑定を受けています。

今回の広島「タントラ・フェスティバル」でのタロット・セッションは、とてもすばらしいものとなり、自分の中にも確固とした自信が生まれました。
もう、練習期間は終わりです。だから、みなさん、義理人情で無理にわたしの占いに興味を持ってくれなくても大丈夫です。ほんとうに、リーディングを受けたい、という方だけでいいのです。
わたしの提供するものを、ぞんざいに扱われたくはないのです。

そのために、これからも研鑽を続けていくし、館以外での個人鑑定についても、そろそろ煮詰めていきます。

都内では、4/14(日)に「第2回占いバイキング in まんだらけ海馬」があります。常盤平が遠すぎた方、この機会にぜひお越しくださいね。私の鑑定は予約不要、直接会場においでください。メインの先生方は予約必須ですので今のうちに!

お待ちしています!

f:id:durdur321:20190410171639j:plain

www.mandarake.co.jp

 

 

 

 

 

 

占い師として何ができるか

あした…もう今日ですね…

2週間ぶりの「魔女☆Maison西友常盤平店」出演です。

peraichi.com

4/14に占いバイキングを控えたり、そのうち開催するかもしれぬ「OSHO禅タロット講座」の構想を練ったりするのにともなって、ここ数週間、禅タロットの解説書と座学的に向き合っていました。

あたかも試験勉強さながらに、Osho講話の一言一句を暗記しようとしている自分に気がつき、「あっこりゃちがうな」と。

じゃあなんなんだ。
正直なところ、OSHO禅タロットってなんなのか、わからんのです。

わたし自身、「気付きをもたらすカード」とか「今ここに光を当てる」とかいう言葉をつかってはいるものの、何となく、誰かがうまく言い表した言葉をただ借りてきているような気がして。
もしかして、それとは違うことをしているからかもしれません。

 

お二人による、第三者の視点が新鮮でした。
shivashakti.jp

今回リーディングを提供してくれるのは、東京で売れっ子魔女として活躍しているドゥルガ。 彼女のタロットは、瞑想の深みからあらわれる歯切れの良いシャープな洞察とサイキック力で受け手の通常マインドでは表現できない一面を見せてくれます。

このセッションで使われる「OSHO禅タロット」は、読み手であるタロットリーダーの瞑想性が必須であり、瞑想をしたこともなく、瞑想の一瞥を体験したことがない人には読み切れないカードです。 それゆえに、自身の瞑想体験が基盤となっているドゥルガのタロット・セッションは思いも掛けない気づきをもたらしてくれることでしょう。

page.mixi.jp

プレム・ドゥルガ先生(予約不可、当日早い者勝ちです!) 

ラジニーシ哲学をしっかりと学んだ上で使う、正統派OshoZenタロットの使い手。深く哲学的な占いに定評があります。神秘の道に興味がある人、普通とは違う自分に悩む人、先生に相談してみましょう。 

 

照れくさい面もありますが、そうだよな、そうだよなあ、と思うことしきり。

メインの活動の場が「占い館」だけに、どうしても大多数にわかりやすいことをPRしようとしてしまいますが、実際、じぶんはマイノリティなんですよ。
そんなところを上手にくみ取ってくれた、お二人の紹介文にありがたいな、と感謝しつつ、やはりじぶんが占い師としてできることについて、もう一度中心軸をさだめて何かを提示したいと思いました。

今HPには、こんな文章をあげています。

durdur.sakura.ne.jp

過去でも未来でもない、「今ここ」にある生の美しさ。
「OSHO禅タロット」が鮮やかに映し出してくれるのは、まさにそれです。

これは今も変わらない。
それをどう伝えるのか、どう自分に落とし込むのか、というところになると、
どうしても瞑想に行きつくわけで。

それを瞑想なしで、カードと言葉を通して、そうでないものを通して、
どうやって伝えていくのか、ということを、ずっと考えているのです。

この文章もいずれ、書き直すことになるでしょう。

とりあえずは、ヘイズ先生のこの言葉をお借りして。

神秘の道に興味がある人、普通とは違う自分に悩む人、先生に相談してみましょう。 

 この一文にピンときた方は、どうぞお話しにきてください。言語化しにくい悩み、実存の悩み、瞑想の悩み、ただ、話したい、聞きたい、なんでも。
もしかして、他の人とは通じ合えなかった言葉が、通じるかもしれません。

 

東京都内の方は、4/14(日)は、ぜひ「第2回占いバイキング in まんだらけ海馬」へ。わたしの鑑定は予約不要です。他の先生方は要予約、お早めに!

www.mandarake.co.jp

個人鑑定のご希望にもなるべくお応えしたいと思いますので、メールにてご連絡くださいね。

info.pmdur☆gmail.com

 

「第2回占いバイキング in まんだらけ海馬」開催!そして…

最近定期的にながれていたヘイズ先生のこのツイート

 わたしはこれを見つつ、ふるえながらその日を待っていました。

↓そして、そのふるえはとうとう頂点に達することに……

mandarake.co.jp

……はい…

どこかで見覚えのある、あの顔が…

f:id:durdur321:20190316122958j:plain

まさにダイナミック瞑想第4ステージさながらの覚醒のピークです。

「占いバイキング」といえば、今年2月に第1回が開催され、そうそうたる顔ぶれの占い師が一堂に会したことでも話題を巻き起こした、業界やファンの間では超・有名なイベント。

「ムー」による第1回のレポート。

gakkenmu.jp

そんなすごいイベントに、ほんとうに僭越ながらも、大先輩方とは別枠で出演させていただくこととなりました

会場は、精神世界好き・本好きならぜったいはまる、まんだらけ海馬

mandarake.co.jp

当日は税抜3,000円お買い上げの方に、わたしによる約5分の鑑定を無料サービスいたしますお買い物はぜひ14日に!
さらに、有料鑑定も行います。予約は不要「OSHO禅タロットってどんなもん?」「ドゥルガってダレよ?」という方も、お気軽にお声かけください。

もちろん、メインは6名の大先輩方。東洋から西洋まで、バリエーションに富んだ占術のエキスパートが勢揃いです。

f:id:durdur321:20190316145520j:plain

近日予約受付開始のようなので、こまめにサイトをチェックし、お早目に目当ての先生をご予約くださいね。

ご出演の先生方

ヘイズ中村 先生
北斗柄 先生
山吹海帆 先生
ZERO 先生
風間望 先生
きりん 先生

※各先生のプロフィールは下のサイトをご覧ください

mandarake.co.jp

いうまでもなく、当日がふるえの本当のピークでしょう。もうこればっかりは、がんばってどうにかなるものではありません。

当日はふるえているかと思いますが、この緊張感あふれるステージをふるえながらも楽しもうと思います。

多くの方のお越しを心よりお待ちしています!